新生児 便秘

赤ちゃんが便秘になる理由は?

赤ちゃん 便秘

赤ちゃんが便秘になる原因は様々ありますが、元をたどれば腸内の善玉菌の量が減少し、腸全体の排出機能が弱まっていることが原因として挙げられます。

 

赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいるときは無菌状態で育ち、出生時に産道の菌を取り込んで腸内環境を整える準備をします。

 

出生後もお母さんの母乳に含まれているオリゴ糖が赤ちゃんの腸内環境をよくし、毎日の排便を促してくれます。

 

しかし帝王切開で生まれた子や母乳の質によっては赤ちゃんの腸内環境の善玉菌の数が減り、便秘体質へとなってしまうことがあります。

 

赤ちゃんの便秘解消として綿棒で肛門を刺激したり、砂糖水を飲ませるといった方法もありますが綿棒はクセになってしまったり、一時しのぎにしかならない場合があります。

 

また大きくなるにつれて続けていくことが困難になりやすく、砂糖水もずっとを飲ませ続けるのは健康的に不安になりますよね。

 

手始めにスーパーで売られているオリゴ糖を購入される方もいらっいますが、甘味料タイプのオリゴ糖は、便秘予防ぐらいにしかなりません。

 

P

赤ちゃんのことを想うと、できれば「スムーズに自力排便ができる」ようにしてあげたいもの。そのためには腸内環境を整えて他力本願の力で排便するのではなく、自力で自然に排便する力をつけてあげることが大切です。

 

便秘解消法にお腹マッサージなどもありますが、それに足してあげるとより効果的なのがはぐくみオリゴです。

 

はぐくみオリゴはスーパーで販売されている添加物が多いオリゴ糖とは違い、自然由来の安心・安全にこだわって作られており自力で排便できる腸内環境を整えてくれます。

 

親としてしてあげられることは正しい知識で正しい方法で無理なく解決してあげること。赤ちゃんが頑張って排便しようとする力を優しくサポートするはぐくみオリゴで成長の一歩を応援してあげてくださいね。

 

 

自力排便が促せるオリゴ糖分はこちら

↓↓